Relevance between Habits and Customs, and HRV
Subject:

日常勤務における心拍数の“ゆらぎ”の予備的調査 【環境と健康(第54報)】

Summary:

はじめに:心拍数のゆらぎ
すでに20年くらい前のことであるが、武者利光先生(東京工業大学名誉教授、脳機能研究所代表取締役)の新聞記事『未来序曲2 感 性が科学になる-- 音と命に宿る不思議なゆらぎ』には、「胎児の心拍の周波数も1/f ゆらぎをしていることが分かった。正常な胎児の心臓のビートは微妙にゆらいでおり、逆に母体が妊娠中毒症にかかっている場合の胎児の周波数は全くゆるがず規則正しいという。」とあり、3) さらに、『ゆらぎの科学3』などには、「四国の香川県の病院の産婦人科の川田医師が何気なくおっしゃったのは、音波のエコーで胎児の心拍周期をはかると、母親が妊娠中毒症になるとほとんどゆらがなくなるが、治療して妊娠中毒症から母親が回復するとまた胎児の心拍はゆらぎ始めるというのを聞いて非常に衝撃的な思いをした。」と記述されている。4 -5) 大変不思議な話だと思っていた。
一方、最近になり、簡易型で心拍変動解析も可能な心電計が開発され、市販されるようになった。そこで、予備的な調査として、先ず、筆者の一人(ES)を被験者として、心拍数の“ゆらぎ”を検証することにした。さらに、授業、会議やパソコン作業などの日常の勤務における自律神経活動も調べたので、それらの結果も報告する。 

Download: